疲れが抜けない 睡眠方法の改善

寝ても疲れが抜けない人は睡眠方法の改善を

毎日ちゃんと寝ているはずなのに疲れが抜けない…
そんな悩みを抱えていませんか?

 

毎日しっかり寝ているはずなのに疲れが抜けないという人は、質の良い睡眠をとれていない可能性があります。疲れをとって毎日を快適なものにしていくためにも、睡眠方法を改善してみてはいかがでしょうか。

長い睡眠=良い睡眠ではない…?

睡眠をしっかり取るためには長く寝れば良い、と考えている人は少なくないでしょう。しかし、決してそういうわけではありません。いくら長く寝ていたとしても、良質な睡眠をとれていなければ良い睡眠とはいえないのです。じゃあどんな睡眠が良い睡眠なのか、というと「しっかり深い眠りに落ちることができること」がポイントです。

呼吸法を意識して良質な睡眠をとろう

良質な睡眠をとるためには、呼吸法を身につけると良いとされています。
布団に入って仰向けになったら、少し意識して呼吸してみてください。ポイントは息を吸う時よりも、息を吐く時です。普段よりも時間をかけながら、意識を集中させてゆっくりと息を吐き出してみてください。

 

また、普通の呼吸とは違って腹式呼吸をするのが良いので、息を吸うときは肺ではなくお腹に息をためこむようなイメージで呼吸を行うのがオススメです。寝る前にこれを繰り返すことで、深い眠りにつきやすくなると言われています。

快眠のために寝る前にできること

良質な睡眠をとるために寝る前に出来ることは他にもあります。例えば軽いストレッチをしたり、半身浴を行うことでリラックスした状態で眠りにつきやすくなるでしょう。

 

他にも寝付きが悪いという人は寝る前に温かいココアやホットミルクを飲んでみたり、アロマの香りを楽しんで気持ちを落ち着かせることで寝つきやすくすることが出来ます。

 

疲れが抜けないという状況を打破するには、何より良質な睡眠をとれるようにすることが一番の解決策と言えます。できることから取り組んで、質の良い睡眠をとれるように工夫してみるとよいでしょう。


このページの先頭へ戻る