不規則な生活習慣 疲れ

不規則な生活習慣は疲れが抜けない原因となる

疲れに悩んでいる人の中には、不規則な生活習慣が当たり前になってしまっている、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合は不規則な生活習慣を見直すだけでも改善することができることもあるようです。

夜更かしで睡眠がしっかりとれていない

スマートフォンやパソコンが普及して当たり前のように使っている人が多い今、ついついスマホゲームやPCゲームに没頭して夜更かししてしまう、という人も少なくありません。しかも、こうした機器の画面は脳を冴えさせてしまうため、ゲームを終わらして寝ようと思ったけどなかなか寝付けない…なんてことにもなりやすいのです。

 

睡眠はその日の疲れを取るために欠かせないもの。それが十分に行われないと、当然次の日まで疲れが持ち越されてしまうことになります。疲れが抜けない原因は、ついつい夜更かししてしまいがちなゲームなどにあるかもしれません。

食事の栄養バランスが偏っている

多忙で朝食を食べれなかったり、ダイエットで食事を抜いていたり…。こうした不規則な食生活を続けていると、当然栄養が偏り、十分なエネルギーが体に行き渡らなくなってしまいます。このようにエネルギーが不足してしまうと、当然体は疲れやすくなるので疲れが抜けない日々が続くという悪循環に陥りやすいのです。

 

ダイエットをしていても、忙しくても、毎日3食バランスの良い食事を心がけるようにして体にエネルギーを満ちさせるようにしていきましょう。

運動不足で体力が低下している

毎日仕事で忙しかったりすると、なかなか適度な運動をしようというところまで考えが及びませんね。そのため、特に座り仕事などあまり動かない仕事をしている人は運動不足に陥って体力が低下してしまいやすいのです。体力が低下すれば、体は少しの運動でも疲れやすくなってしまいます。

 

ある程度体力を維持するためにも、15分から30分のウォーキングを取り入れたり毎日筋トレを続けてみるなど適度な運動を心がけましょう。バスや電車で通勤・通学しているという人は、駅や停留所ひとつぶん歩いてみるようにしてみるだけでも違ってきます。

 

 

 

このように、疲れが抜けないと感じている人は生活習慣に問題があるケースも多いです。
一旦自分の生活習慣を見直して、直すべき所があれば少しずつ改善させていくように心がけてみるとよいでしょう。


このページの先頭へ戻る