疲れが抜けないとき 入浴方法

疲れが抜けないときに効果的な入浴方法

疲れが抜けないと感じている人は、入浴で改善するのもひとつの手段です。実際、入浴は疲労回復にも良いものとして知られています。それでは、疲れを取るのに効果的な入浴方法とは、どのようなものなのでしょうか。

座り仕事、立ち仕事の場合の入浴方法

長時間の立ち仕事や座り仕事は、疲れもたまりやすいですね。このような場合、疲れが抜けないと同時に肩こりや脚のむくみ、腰痛などに悩まされてしまうこともあります。では、どのような入浴方法をすると効果的なのでしょうか。

 

まず、お湯の温度は38度から39度くらいの熱めにします。この温度のお湯を用いて、半身浴をしましょう。ゆったりと浸かりながら、足をマッサージして一日の疲れをとりましょう。

激しい運動後、体を動かす仕事の場合の入浴方法

この場合はまず、温度が低めのシャワーを浴びて汗を流し、体をクールダウンさせるのがポイントです。クールダウンさせたら、次は温度が高めのお風呂に使って筋肉の疲れを取りましょう。後は座り仕事・立ち仕事の入浴方法と同じで半身浴をしながらゆったりと筋肉をマッサージし、疲れを取り除きます。

アロマ風呂など癒しのアイテムを使うのもオススメ

お風呂で半身浴を行うときには、入浴剤を入れたりアロマオイルを入れたりすることでよりリラックス効果を得ることが出来ます。疲れが抜けない時はアロマ風呂などを試してみるのも良いでしょう。

 

また、お風呂に浮かべるキャンドルや暗闇で光るアイテムなどを使えば、よりリラックスした空間を楽しむことが出来ます。このようなアイテムを利用して、お風呂の時間をより楽しく疲れを取り除きやすい時間にしていきましょう。

 

 

 

疲れているとお風呂に入るのも億劫…なんてことになってしまうこともあるでしょう。でも、上記で説明したとおりお風呂は日々の疲れを癒やす事ができる空間でもあります。
自分なりに工夫をして、疲れが抜けない日がないように入浴の時間を活用していきたいものですね。


このページの先頭へ戻る