疲れが抜けない原因と対策

疲れがなかなか抜けないという悩みがある方へ

休日はちゃんとあるし、毎日しっかり寝ているはずなのに、毎日疲れが残ってるような気がしてならない…!なんだか前よりもちょっとしたことで疲れやすくなってしまったような気がする…。そんな悩み、抱えていませんか?

 

きちんと休んでいるはずなのに疲れが残っている感じがしたり、疲れが抜けきらなかったり。そういう日が続いてしまうと、気が滅入ってしまうものですよね。疲れを何とかしたい…そう考えるのであれば、まずはその疲れがどこから来ているのかを考えるところから始めるのが賢明です。

ただ単に疲れているだけ?それとも…

疲れと言っても一時的なものと慢性的なものが存在します。前日にいつもより激しい運動をしたり、遠出をしたり、仕事が終わらなくて夜更かししたり…。そういうことがあったのであれば、翌日疲れが抜け切らないまま朝を迎えることになってしまう事はあるでしょう。

 

このような一時的な疲れの場合は、特に重要視する必要はありません。問題は、慢性的に疲れが抜けない状態が続いてしまうということなのです。

病気や鉄不足、不規則な生活習慣など、原因は様々なところに…

体が疲れやすい状態が慢性的に続いてしまう原因には、実に様々なものがあります。何かしらの病気の兆候であることもあれば、鉄分が不足していることによって起こっていることもあるでしょう。

 

また、不規則な生活習慣が影響して日々の疲れが完全に取り除ききれず、常に疲れを感じた状態になってしまうこともあります。また、女性の場合は産後に鉄不足に陥る事が多く、その結果疲労を感じやすくなってしまうこともあるようです。

自分にできることから始めてみよう

慢性的な疲れに悩まされているのであれば、まずは自分にできる対策法から取り組んでいくことが大切です。例えば食事に気をつけて、きちんと毎日3食栄養バランスの整った食事を摂ってみるだけでも違ってきます。

 

他にも、疲れを癒やすのに大切な睡眠を見なおして質の良い睡眠が取れるように工夫してみたり、入浴の時間に一工夫を加えてリラックスできるようにしてみるのもよいでしょう。そうした身近なところから取り組んでいくことで、疲れやすい体を改善していくことが出来るはずです。

 

⇒疲れが抜けない人へおすすめのサプリは?

適度な運動も大切

忙しい人は運動している時間も惜しい!なんて思われるかもしれません。でも、適度な運動は健康を保つためにも、疲れにくい体を保つためにも大切なことです。

 

もし、なかなか運動する時間が無いようであれば、日常生活の中で工夫して取り入れて見るようにしましょう。電車やバスの通勤中に座らず立つようにしてみたり、立ち仕事中にかかとを床から離してつま先立ちの状態で数秒キープして下ろす、という運動を何度かやってみたり…。このような何かをしながらの運動をはじめてみるだけでも違ってくるはずです。

 

勿論、ある程度時間があるのであれば、毎日ウォーキングや筋トレをする習慣をつけてみるようにすると良いでしょう。できれば1日辺り30分程度のウォーキングを続けるのが理想的です。

疲労だからと甘くみないこと!

疲労を感じていても、「ちょっと疲れているだけだろう…」とついつい甘く見てしまいがちな人は少なくないと思います。でも、疲労も放置しておくと様々な病気に繋がってしまうことがあるため、注意が必要です。

 

たとえば近年問題になっている慢性疲労症候群は、日常生活に支障をきたすレベルの疲労感を半年以上感じるようになってしまう病気です。この他、体の疲労が長引くことによって脳も疲労を感じるようになり、うつ病や自律神経失調症などの精神的な病気を引き起こす原因にもなりかねません。

 

疲労だからと甘く見ず、あまりにも長く続く場合には医師に相談するなど適切な処置を取るようにして下さい。

 

 

 

このサイトでは、疲れに繋がる様々な原因と、それぞれの対策についてをご紹介していきます。自分の疲れがどこから来ているのかを明確にして、早いうちに適切な対策を取っていけるようにしていきましょう。

グループサイト

オルニチンの効果で肝臓の機能を回復!
疲れが抜けない方はオルニチンの効果に期待してみるのもいいかもしれません。
頻尿の原因と対策は|頻尿改善のためのサプリメントランキング
最近トイレの数がすごい増えたなという自覚がある方はチェックしてみてください。
腎臓の機能を高めるために
体の毒素を排泄するために重要な働きを果たす腎臓の知識について説明しています。

 

疲れ対策のためのおすすめサプリ
第1位しじみエキスWのオルニチン(お試し500円)

第2位協和のオルニチン(お試し500円)
Remake
第3位しじみ習慣(10日分無料サンプルあり)


このページの先頭へ戻る